WEBライターの納期と納期に遅れた場合の対処法

片手の指でキーボード操作

WEBライターの納期と納期に遅れた場合の対処法

WEBライターの仕事で、絶対に守らなければいけない事が、納期です。
どれだけ内容のいい記事を書けたとしても、納期が守れなければ意味がありません。
では、納期とは依頼を受けてどれぐらいの期間で納品する必要があるのか、また納期に遅れた場合はどうなるのか紹介します。

WEBライターの納期について

まず納期については、依頼から1週間というケースもあれば、1ヶ月というケースもあります。
他にも、納期が存在せず、記事を作成次第どんどん提出していくケースもあります。
つまり、納期とは、依頼者との約束事と考えて下さい。

Aという依頼者が、「○○に関する内容の500文字の記事を30記事分、納期は1週間以内で」と依頼してきたとします。
それに対して、あなたが依頼を受けた場合、その記事は必ず1週間以内に納品する義務があります。

もし今週は、本業の仕事が忙しく、在宅ワークの時間があまり確保できないという状況が分かっていれば、記事数を15記事に減らして欲しいと事前に伝えておく事は可能です。
また、作業スペースがアップしてきて、1週間で50記事分作成する事が可能だと、依頼数を増やしてもらう事も可能です。
ライフスタイルに合わせて、依頼を受ける数を自分で調節出来るのが、在宅ワークのメリットだと言えるでしょう。

WEBライターの納期が遅れた場合は

ただし、依頼を受けた時点では作成出来ると思っていても、実際には納期に間に合わないという事もあるでしょう。
体調不良で2~3日寝込んでしまい、その期間は全く記事が作成出来なかったり、記事作成で調べるのに時間がかかり、思ったよりも1記事作成するのに時間を費やしてしまう事もあるかもしれません。
他にも作成した記事のデータが消えてしまい、バックアップをとっていなかったというパソコン機器のトラブルなんて事もあります。

ですが納期までに記事作成が間に合わないという事は、依頼主に迷惑をかけてしまう行為で、あなた自身の信用問題にもかかわってしまいます。そのため納期に間に合わないと分かった時点で、出来るだけ早く依頼主に連絡を入れるようにしましょう。

納期が間に合わない理由を説明し、納期を伸ばす事は可能かどうか?
納期を伸ばす事が出来ないのであれば、依頼数を今から減らす事は可能かどうか?
迷惑を最小限度に抑えるようにして下さい。

理由があっても、何度も納期に遅れていると、信用は失われてしまいます。
なので、依頼を受ける際には、何かトラブルが発生した場合でも対処できるように、予備日を設けるなど余裕を持って受ける事が重要です。

Similar Posts:

    None Found

Copyright(C)2017 デビューは楽々!Webライターを始めるには All Rights Reserved.