デビューは楽々!Webライターを始めるには

片手の指でキーボード操作

WEBライターを始める手順

あと月に数万円収入があれば、生活が楽になるのに、そんなふうに考えている人は多いでしょう。
そんな人にお勧めしたい在宅ワークがWEBライターです。
では、どうやって始めたらいいのかその手順について紹介します。

求人情報をチェックする

求人サイトをチェックする
まずは求人情報をチェックする事からスタートします。
ただし、在宅ワークの場合は一般の求人情報のサイトでは募集していないので、クラウドソーシングもしくは、WEBライター専用の求人掲示板などのサイトを活用して、応募するといいでしょう。

未経験者でも仕事は可能?応募する基準は?と心配な人もいるかもしれません。
ですがWEBライターの場合は、未経験者でも出来る仕事がたくさんあります。
求人情報を比較して、自分に出来そうな仕事、興味がある仕事内容などを見つけたら、メールで応募してみましょう。
未経験者は単価が低く、1文字0.3〜0.5円が相場となっています。
そのため稼ぐためには、作業効率のアップの単価のアップを目指す必要があります。

応募から採用までの流れ

メール送信
応募は基本的にメールで行われます。
在宅ワークのため、直接面接を行う事も、履歴書を送る事もありません。
ただし、経験者は過去に自分がどんな記事を作成してきたのか、経歴プロフィールを提示する事は自己アピールの手段となります。
後は採用テストとして記事作成を行い、採用基準に達する記事の作成が可能かどうか判断されます。

採用テストに合格すれば、募集要項の確認、記事作成のマニュアル、納品方法や報酬の振込先の確認など、疑問点があれば問い合わせをし、問題がなければ契約という形になります。
契約の際には、口座番号、名前、住所、マイナンバーなどの個人情報を依頼主に教える事になるため、応募基準は条件の良さだけでなく、信頼できるかどうかも考慮して選びましょう。

依頼から納品までの流れ

契約後は、実際に依頼を受けて、記事作成を行い、期日までに納品をするという流れになります。
納品し、記事を確認してもらい、問題があれば修正を行い、問題がなければ納品は完了となります。
万が一納期に間に合わない場合は、出来るだけ早く連絡を入れ、指示を仰ぐようにして下さい。

そしてまた新規依頼を受けて、期日までに納品をし、月末に〆て翌日に報酬が支払われます。

納品期日は守る事、メールの返信は24時間以内に行う事を心掛けましょう。
在宅ワークという働き方は、自分のペースで働く事が出来、努力次第で収入を増やす事も可能です。
経験を積み信用を得る、専門ジャンルを身に着けるなど、報酬アップを目指しましょう。

Copyright(C)2017 デビューは楽々!Webライターを始めるには All Rights Reserved.